×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

- 団体情報 -
団体名 文芸創作同好会
所在地 立命館大学衣笠キャンパス びわこくさつキャンパス
ホームページアドレス http://ritsbungei.michikusa.jp/
連絡先 ritsbungei@yahoo.co.jp
設立 2005年6月20日

活動理念

 現在、文学史に出てくるような作家がほとんど読まれなくなり、代わって大衆性を強く意識した作品が世の中に受け、あるいはライトノベルのような極限に読みやすい作品が一部の読者に受け、そして全体としては読書離れが進んでいます。出版部数が年々減りながらも、出版作品の数は多大にある、そんな状態をまさに反映しているといえるでしょう。
 私はそれを悪いとは言いません。それらの作品が人々を惹き付けている以上、その作品は優れていると言えるでしょう。しかし、今忘れられようとしている作家の数々は、現代作家よりもはるかに明確な信念や美意識を持って作品を書いていたと思います。例えば、これも今ではすっかり読まれなくなったプロレタリア作家、彼らは体制に圧力をかけられながらも、そして時には拷問で命を失いながらも作品を遺しました。
 もちろん、私たちはまだまだ未熟で、気持ちばかりが先行してそれが作品に反映されていないかもしれません。また、美意識に重きを置く者、文章表現に重きを置く者、通俗性に重きを置く者など、その立場もさまざまです。しかし、一つ言えることは、私たちは明確な信念を持って作品を書いています。そして、作品執筆において、それがもっとも大切なことではないかと私は思います。
 文芸創作同好会では、よりよい作品を書けるよう日々精進していくつもりです。
(『衣笠(創刊号)』「創刊(代表)あいさつ」より抜粋)

- 会員募集について -
<主な活動内容の紹介>
 文芸創作同好会では、文章読本やプロの作家の作品を元に文芸理論を学び、実際に小説を書き、それを互いに評価し合うことで、より良い文芸作品を創作することを目標としています。

具体的には、
・創作活動:会員が小説やエッセイを書き、それを合評します。年に3〜4回ほど機関誌を発行します。
・作品合評:プロの作家の作品を合評し創作の技巧を検証します。
・文学研究:文学研究を行い、その成果をゼミナール大会や季刊誌上にて発表  します。
 主にこのような活動を行っております。私たちの活動に少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ入会してください。


→「衣笠キャンパス」の方
 2009年度も引き続き週1、2回のペースで活動をする予定です。 入会を希望する方、あるいは質問がある方はお気軽に下記アドレスからご連絡ください。

→「びわこくさつキャンパス(BKC)」の方
文芸創作同好会は、BKCにおいても活動をしています。 衣笠キャンパスと同じく、週1、2回の活動です。 入会を希望する方、あるいは質問がある方はお気軽に下記アドレスからご連絡ください。

 入会を希望する方、あるいは質問がある方はお気軽に下記アドレスからご連絡ください。


入会希望・質問などは、下記アドレスにてお受けいたします。

ritsbungei@yahoo.co.jp

※スパムメール防止のため、@マークを全角にしております。
送信の際は@マークを半角に変換するようお願いします。